30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)

 都道府県立高校の2010年度一般入試で、30道府県の教育委員会が新型インフルエンザ対策として追試験を行う予定であることが26日、文部科学省のまとめで分かった。また、全47教委が発熱、せきなどの症状がある受験生に、別室で受けさせる準備をしている。
 同省は15日時点の対応方針を集計。追試以外の特例措置として、(1)インフルエンザのような症状で受験できなかった志願者には、面接などで試験を代替する(2)前期日程で欠席者が多ければ合格者を減らし、後期の募集人数を増やす−などの対応を決めた教委もあった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で
追試実施は見送り=「インフル患者減少」

<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)
昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ−警察庁(時事通信)
<伊方原発>耐震安全性、国の安全委も認める(毎日新聞)
[PR]
by wrk22riipw | 2010-02-01 04:09