初のトップセールス終えた前原国交相「訪越、成果あった」(産経新聞)

 大型連休中に米国とベトナムでインフラの売り込みを行った前原誠司国土交通相は4日、ベトナムの首都ハノイで記者会見し、「(ベトナム側と)円借款や官民協力など、さまざまな分野で協力をしていくことを確認した。今回の訪越は成果があった」と語った。初めてのトップセールスで一定の成果が得られたとの認識を示した。

 一方、インフラ受注をめぐる熾烈な国際競争にふれ「ベトナム側からすると、言葉だけの日越友好関係は意味がない。インフラ整備で協力してくれる国に対してより外交的な重きを置く」と、トップセールスの難しさを語った。

 前原国交相は4月29日に渡米し、ラフード運輸長官らと会談。高速鉄道に関する専門家チームをつくり、協議を継続することで合意した。

 今月2日に入ったベトナムでは、ハノイ−ホーチミンの南北高速鉄道計画(約1600キロ)などについて、ホアン・チュン・ハイ副首相らと会談。ベトナム政府が2020年一部開業を目指す2区間について、段階的な整備を求め、円借款による協力について政府内で具体的に検討していくことを表明した。

 同国では仙石由人国家戦略担当相と合流。十数社に上る民間企業幹部を引き連れ、官民一体での売り込みをアピールした。

【関連記事】
仙谷と前原がポスト鳩山で意見交換? ベトナムで接触
「日本一短いトンネル」守れ!前原国交相に“テツ”応援
「私はSL運転の経緯者」 前原国交相が鉄道部会長に“自慢”
JR東海、新幹線などフロリダ州に売り込みへ
原発受注推進で新会社設立へ 経産省と東電、関電など
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<普天間移設>首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
[PR]
by wrk22riipw | 2010-05-10 22:39