普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)

 防衛省の長島昭久政務官は25日午前、来日中のグレグソン米国防次官補と省内で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などをめぐり意見交換した。長島氏は「政府のアイデアが確定しているわけではない。厳しい状況の中で、皆が納得できる案に到達できるよう努力したい」と語り、5月末の決着に向け政府案のとりまとめを急ぐ考えを伝えた。グレグソン氏は「それを待ちたい」と応じるにとどまった。

 グレグソン氏は日米同盟関係深化のための協議で来日した。この日は普天間問題のほか、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)や東アジア情勢などでも意見交換した。

【関連記事】
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官
亀井氏、「自主防衛力の強化を」
普天間問題 首相「県外あきらめていない」
福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用
「現在の計画が最善」 普天間問題などで米国防次官補代理が証言

<訃報>大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長(毎日新聞)
[日本航空]特別早期退職の対象者 パイロットにも拡大
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(2)続く葛藤 癒えぬ痛み(産経新聞)
[PR]
by wrk22riipw | 2010-03-26 17:49